なるほど!ポスターデザインを創るときのポイント

どこに貼るかを考えよう!

ポスターデザインを創るには、まず、どこで使うかを考えましょう!素材はもちろん、ポスターを見る方の目線の高さや距離・見る時間帯などなど...。ポスターはチラシやフライヤーのように手に取って見るものではありません。TPOに合わせたデザインを心がけましょう。

ターゲット層をイメージしよう

他の印刷物ももちろんですが、ターゲット層をイメージするのはとっても大切ですよね?「シニア層なら暖色系で文字サイズ大きめでコントラスト強め」など、デザインの基本です。それに、デザインの方向性もずいぶんと変わってきますよね?ターゲット層をしっかりつかんでキャッチーなポスターにしましょう。

デザインの目的と方向性を明確に

ポスターは他の印刷物よりサイズが大きい分、目的が不明瞭だと壁の一部のようになってしまいます。お店のイメージポスターなど「あえて壁にとけ込むように創りたい」「とにかく目立つ求人ポスターを貼り出したい」などクライアントニーズを明確にしてから取りかかりましょう。クライアント様の中にはぼんやりとしたイメージしか持っていない方も...。そのぼんやりしたイメージを具体化していくのもデザイナーの大切な役割ですね。

タイトルのコピーを目立たせる!

ポスターデザインに関して、特に大切なのはタイトルとなるコピーを目立たせることです。見る方の心をぐっとつかみ、日付や場所などの詳細を見てみようという気にさせることが肝心です。上で紹介した項目を駆使してターゲットの目線を集めるデザインにしましょう。

まずはデザインしてみましょう

ポスターはサイズが大きいので、思っていたイメージとは違う仕上がりになることも...。これまで紹介したポイントは基本中の基本です。まずはデザインの場数を増やし、経験を増やしていきましょう。

プリンターのインクは特に純正品だと高くなります。節約するには格安コピー印刷サービスで大量印刷するのがおすすめです。