クラウド会計って一体何!?その特徴と選び方について

クラウド会計とは、一体何なのか?

日頃から経理や事務職に携わっている方であれば、クラウド会計は一度は耳にされているワードだと思います。もしかすると、既に会社で導入されているケースも多いかもしれません。クラウド会計とは、インターネットを介したサーバー上で利用できる会計ソフトを意味しています。従来の会計ソフトは、CD-ROMやダウンロードによってソフトをパソコンにインストールし、そのパソコンでだけ利用できるのが一般的でした。しかし、クラウド会計は基本的にIDとパスワードを入力すれば、どのパソコンでも場所を選ばず利用できます。ネット環境さえ構築されていれば、どこでもクラウド会計を利用することが可能です。自宅や出張先でも会計処理を行えるので、とても使い勝手の良いシステムだと言えるでしょう。

クラウド会計を選ぶ時のポイント

クラウド会計は様々な種類があるので、自社に合ったものを的確に選ぶことが大切です。個人事業主の方が大企業向けのクラウド会計を利用しても、宝の持ち腐れになってしまいます。事業規模や業種によって必要な機能も異なるため、内容を吟味した上でしっかり選ばなければなりません。クラウド会計を選ぶ時にまずチェックしたいのが、使いやすいかどうかです。操作性に優れているか、自動で各種計算や書面の作成ができるかどうかなど、使い勝手の良さは幅が広いです。いろんなクラウド会計をチェックして、一番ベストなものを選びましょう。また、サポート体制が充実しているかどうか、確定申告等もスムーズに行えるかどうかも予め確認しておきましょう。

クラウド会計の1つとして、会社の経費精算をシステム化して、パソコンなどへの手入力を極力省き、データ化してそのまま取り込む手法が増えており、効率的に会計処理を行う企業が増えています。