従業員の健康管理は会社の責務?ストレスチェックを正しく理解して活用しよう!

ストレスチェックの詳細と利用するメリット

ストレスチェックは企業や団体の従業員を対象にしたアンケートの一種で、職場での待遇や人間関係などの問題を明らかにして改善を図る目的で行われます。従業員の健康状態が悪くなると業務にも支障が及ぶため、問題を特定したうえで速やかに解決する必要があります。ストレスチェックで用意されている質問に回答することで状況を提示することが出来るので、トラブルの有無を容易に確認することが可能です。また、ストレスチェックは短時間で回答が出来るのも利点の一つです。回答した後は密封してから発行会社に送付するようになっているので、第三者に情報が流出する心配が無いことから現在では多くの企業や団体が採用しています。

ストレスチェックを導入する際の注意点

ストレスチェックは手間をかけずに従業員の健康状態を把握出来るメリットがある一方、個人情報を扱うことになるので管理を徹底することが大切です。規模が大きい企業や団体では扱う情報量も多いので、回答用紙を発行会社に送付するまでの間に紛失や第三者による盗難などのトラブルが起きないように注意することが大切です。また、チェック項目の中には業務や人間関係への不満に関係する事柄も含まれていますが、回答内容によって従業員が不利にならないように配慮する姿勢が企業や団体に求められます。ストレスチェックは正しい回答を選ぶことで適切な対応が可能になることから、従業員が正直に回答出来る状況を整えることがチェックシステムを導入する際に必要なポイントです。

ストレスチェックシステムは、メンタルヘルスの第一予防をし、職場で生き生きと働ける環境を作るのに役立てることが出来ます。