ホームページのデザインは差別化を図るのに

見やすいサイトを作成する

ホームページを作成してコンテンツを増やしていく中で活字だけのページを大量に作成していくとユーザーによっては見にくいという印象を持たれる可能性があります。そうなると一回のアクセスに対する滞在率を下げる原因にもなりますし、ホームページ内で他のページに飛んでもらえる可能性も低くなってしまいます。

ホームページを運営していく中で収益化する場合はコンテンツを最後まで見てもらう事は大切な事です。しかしデザインを上手く使えずに活字だけになってしまうと読みにくいコンテンツになってコンテンツを最後まで見てもらえる可能性が低くなるので、見やすいページを作る為にデザインで差別化を図るべきです。

デザインで他のブログと差をつける

ユーザーに同じジャンルの他のブログとの違いを出す事で再びホームページ訪問してもらうきっかけになります。ページ全体のデザインもそうですし、アイコンなどを使って読者の印象に残るようにページを作るべきです。

自分でページ全体のデザインやアイコンの作成できる場合はそれが一番良いですが、もしそれが不可能な場合は外注で依頼してでも充実させるべきです。

ページをデザインしていく中で気をつけないといけないのはページの読み込みが遅くなるような重いデータを使用しない事です。

もしも重たい素材を使ってしまって読み込みの速度が遅くなってしまうとせっかくアクセスしてきたユーザーの離脱を招いてしまうので、集客に逆効果になるので注意しなくてはいけません。

サイトをレスポンシブデザインに変更するのは比較的簡単です。無料でつかえる商用可能なテンプレートを配布しているサイトは意外とたくさんあります。見た目もスマートなのでぜひ活用しましょう。