スマホは修理する時のことを考えて購入しよう

大切に使っていても壊れることはある

携帯電話の普及に伴ってスマホの利用者は年々増加傾向にあります。電話やメールだけではなく、魅力的なアプリが多数登場しており、まるで手軽に持ち歩けるパソコンのようになっています。スマホを利用するうえで困ることの1つに故障があります。音声が聞こえにくい状態になったり、ボディの部分に傷が付いたりなど故障する場所や状態の種類は様々です。故障を避けるために大切に利用していたとしても、つい地面に落とすことや人に踏まれることなど、予想していない形で壊れる場合があります。そのため、次の機種に買い替えるまでずっと利用できるとは限りません。特に、スマホの画面は非常にデリケートなのでヒビが入ったり、割れたりすることでガラス交換が必要になるケースは少なくないです。

ガラス交換に対する備え

スマホの画面は衝撃に強くないため、低い位置から落とすだけでも当たり所が悪ければヒビや割れる可能性があります。ヒビくらいであればまだ利用できるでしょうが、割れてしまうと液晶が反応しなくなって完全に利用不可の状態になります。その際はガラス交換をすることによって以前までの状態に戻せます。スマホのガラス交換に対する備えとしては、修理のことを考えて購入することが有効です。たとえば、購入時に修理費用が無料になるオプションに加入し、毎月きちんと支払っていればガラス交換が必要になったとしてもお金はかかりません。オプションに加入すると月々のスマホ代が増えるので気が進まない場合はありますが、ガラス交換のリスクを考えれば効果的な対策です。

スマホ修理は該当するメーカーや購入したキャリアの店舗があります。最近では店舗でキャリアやメーカーを問わず修理をしてくれる店舗もあります。