レンタルサーバーで始めよう!自分だけのホームページ!

レンタルサーバーで自分のホームページを公開しよう

ホームページを作ること自体は自分のパソコンのなかだけでできますが、作ったホームページをインターネット上に公開するには、サーバーというものが必要です。サーバーとは、ホームページを表示するための情報を送信し、保管しておく場所のこと。このサーバーと閲覧者のパソコンがやり取りすることで、パソコンがホームページの情報を認識し、その情報を表示することが可能となります。

サーバーは個人で用意することもできますが、専門的な知識が要求されますし、維持やメンテナンスは大変です。そこでおすすめしたいのが、企業が提供しているレンタルサーバーを利用する、という手段です。サーバーさえレンタルすれば、あとはホームページの情報をアップロードするだけ。余計な時間や手間をかける必要もありません。

レンタルサーバーには、無料と有料のものがある

レンタルサーバーはさまざまな企業が提供しているサービスですが、大きく分けると二種類になります。それは、有料であるか、無料であるか、という違いです。

せっかくなら無料で済ませたい、と思う方も多いかもしれません。しかし、無料のレンタルサーバーには容量の制限があったり、ホームページの一部に広告が表示されるなどの、細かい決まりごとが定められている場合がほとんどです。一方、有料のレンタルサーバーは使用できる容量が多く、制限なくホームページを作れるなどの魅力的な面もありますが、指定された利用料金を支払わなければなりません。

有料と無料、それぞれにメリットとデメリットが存在するので、自分の好みや状況に合わせて、ぴったりなレンタルサーバーを探してみましょう。

レンタルサーバーとは、自分でホームページやEメールなどのサービスを運営したい方のために、月額などでサーバー管理者の権利を貸し出すものをいいます。個人でサーバー機を用意するより、手軽かつ安心です。